将来を踏まえた解決法

返済しきれない借金がある場合、自己破産が必要と考える方は多いですが、自己破産は手元の財産を全て失うことになるので、将来を踏まえて出来る限り財産を残して返済が出来る方法を考えましょう。例えば任意整理を行うと、金利を再計算して返済総額を減らすことが出来、今までの返済額でも十分完済出来る可能性があります。任意整理を行うにはいくつか条件が必要なので、なるべく早く弁護士に相談してみましょう。

任意整理を行うことが出来れば、財産を残しつつ借金を完済することが出来ます。任意整理を行うためには、最低限2つの条件をクリアする必要があり、減額後の借金を3年以外に返済でき、継続して借金を返済できるだけの収入が無ければなりません。この条件を満たしていない場合、残念ながら任意整理が出来ないので注意しましょう。またお金を借りた当時、利息がグレーゾーン金利に該当しない割合の場合、減額が行われない可能性があります。

任意整理を行うことが出来れば、カード会社などに履歴こそ残りますが、手元の財産を失う可能性はなくなるので、きちんと月々の返済を続けていけば、借金がなかったころの生活を取り戻すことができます。もちろん任意整理の際には、弁護士の調査や交渉などが必要となるので、どうしても借金を減らすことが出来ないときは、最寄の債務トラブルに強い法律事務所に足を運んでみてください。