借金を減らす任意整理

借金を返済し続けているものの、金利の支払いに追われるばかりで、元金がまったく減らないときは、何かしらの方法で返済の負担を減らす必要があります。そんな方法の一つが任意整理で、いくつか条件はありますが、成功すれば金利の負担が減り、月々の返済を守れば、確実に借金を完済することが出来ます。任意整理を行うためには、弁護士による交渉が必要不可欠なので、債務トラブルに強い法律事務所を探して、任意整理が出来るか調べてもらってください。

任意整理は、取引開始時にさかのぼり、利息制限法の上限金利まで金利を引き下げて再計算する取引です。現在の金利は法律によって上限が設定されており、過去に借りた借金については、現在の上限をオーバーした金利が設定されている可能性があります。その金利を引き下げることで、現在の返済総額を減らし、無理なく返済できる状況を作り出せます。任意整理のためには、金利が現在の上限より高く、債権者が説得に応じてくれる必要があるので、まずは任意整理が出来るか確認しましょう。

任意整理に弁護士のサポートが必要な理由は、なんと言っても債権者との交渉にあります。任意整理は裁判などは行わず、当事者同士の話し合いで行われるものなのですが、当事者だと交渉にならないことが多々あります。そうしたトラブルを防ぐためにも、弁護士を代理に立てて、交渉してもらうことが必要です。上手く交渉が進めば、将来の金利の支払いや遅延損害金の返済が不要となるので、スムーズに元金を減らしていくことが出来るようになります。